群馬から新潟で透析をしているダサ親父のブログ

morisu002.exblog.jp ブログトップ

職場復帰前に一度整理しておこう。日赤救急病棟編

実は、救急病棟に移動が決まる前日に
寝ている時に(高3の時死んだ)親父が自分のケツを叩いて行った。


5月2日(水)夜
ICUに入ったあの日からもう1週間も便通ナシ。
下剤もあまり飲みたくない。
この日は入院生活通じて、唯一カミさんが来なかった日でもある。

同日 夜
この日よりリハビリ開始。
リハビリといってもまずはベッド上に上半身起こす(背もたれ付き)
次に10分ほどしたら背もたれナシでベッド上に上半身を起こす。
この間に心電図をとり、後も心電図をとり、
その心電図をみて医師の指示を仰ぐ。
特に問題はなかったので、リハビリを次のステップへ・・・

5月3日(木)
朝食時より起き上がって食べれるようになる。
来るスタッフみんなに「ヒゲ」が不評である。(伸ばし放題だったので当然かも)
リハビリはベッド周りを歩行で2周。
前後の心電図を比較。
問題ないので室内は自由に歩行していいと許可が出る。
病室内の手洗い場でヒゲを剃る。

義弟夫婦がお見舞いに来てくれる
(新婚)妹夫婦と子供たちが来てくれる。
子供たちとはあの日以来だ。
娘は自分の顔をまともに見ると涙が出そうということで
あまり自分とは会話もしなかった。
息子は自分よりベッドにあるマンガに夢中。

残念なことにせっかく1人だった病室にもう1人加わることに(しかも隣に)

5月4日(金)
透析。
リハビリは50m歩行。
前日もそうだったが、あまりにも自分の足じゃないみたいに筋力が落ちていることにビックリ。
問題なく、次のリハビリにいくことに。

5月5日(土)
一般病棟(5人部屋病室)に移動。
気のせいか、病棟が変わるたびに古ぼけて汚くなっていっているような・・・
リハビリは100m歩行。問題ナシ。
以前に比べ、なんとなく元気が出てきたような・・・


「日赤一般病棟編」へ



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


「健康は維持しなきゃ」ダサ親父でした。
[PR]
by morisu002 | 2007-06-19 13:14 | その他
line

家族のこと、透析のこと、日々感じたことなどをダサ親父がつづるブログ


by morisu002
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30